カテゴリー別アーカイブ: AGEHA アゲハ

AGEHA

2巻完結
著者:六道神士
ジャンル:現代惨事コメディ
特色:不条理 惨事 コメディ 微エロ 微暴力 微反倫理
 

 
六道氏の十八番多少倫理に背く感じの漫画です。
 
人によっては不快に感じるブラックユーモアがありますので、人を選ぶ作品です。
 
 
主人公の楯葉心記(たてはもとき)が、付き合っている彼女七見朱波(なみあげは)と終に一線を、というところで、急に朱波の姉、蛇目(じゃのめ)先生に割り込まれます。
 
実は心記蛇目先生が作りだした人工生命体で、この世界心記と朱波未来だけは確実にないといい出します。
 
ただ、別のパターン世界試すことができます。
 
その試す方法は単純で、心記朱波死ね「やりなおし」となるというもの。
 
 
この世界話し中に切り替わって心記朱波かもしくは両方死んでは新たな世界を試す、という流れで進んでいきます。
 
 
少々分かりにくい話し軸ではありますが、コメディな部分は六道氏のがよく出ています。
 
漫画のサバイバル知識で、あらゆる困難を乗り切ろうとする朱波の知識が、あーそんな漫画あったなぁ…と懐かしい気にさせてくれました。
 
同級生として登場する、心記を狙う男装した姫島陽炎(ひめじまかげろう)と、その陽炎を同姓なのに好き、と悩むヘーラ・左丹(ヘーラ・サタン)の人間離れしたパワーで、殺されかける心記が何か可哀想で面白いです。
 
また、後半は敵っぽくなってくる百足(ももたり)先生の、先生らしからぬ発言もカオスです。
 
個人的にはこの3人が面白くて、笑いのツボを刺激されます。
 
 
朱波は必ず死ぬ。
心記と結ばれる前に、愛しあう前に。
心記に叶うのは繰り返す事だけ。
朱波を死を認めなければ朱波は死なない。
だが、辛くなったら朱波の死を認めればいい。
 
 
究極の愛の形ではありますが、それをコメディにしてしまうブラックユーモアをぜひ楽しんでもらえればと思います。