カテゴリー別アーカイブ: 橙乃ままれ

まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い

漫画:川上泰樹
原作:橙乃ままれ
キャラクター原案:水玉螢之丞・toi8
ジャンル:ファンタジー
特色:魔法 無名 信念 人間 魔物 心理 恋心 妬み 情熱
 
書籍

 
まおゆう魔王勇者の外伝女魔法使いお話しです。
 
(本線に関しては、まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」をご覧ください)
 
この作品も、本線と同じく、登場人物名前がありません。
 
勇者、女騎士、女魔法使い、などの抽象表現による語らいになります。
 
 
勇者とともに魔王を倒すために歩んできた仲間達
 
ある日、勇者「この先に進むのは一人でいい」と手紙を残し、いなくなります。
 
女騎士怒り弓兵受け入れます。
 
そして、女魔法使いは、勇者の後を追います。
 
絶対退かないという信念のもとに。
 
 
女魔法使い勇者を探して進んでいく冒険みたいな感じで物語進んでいきます。
 
途中、どじ弱いけど、強い信念を持つ囀翼族の娘と旅を共にするようになります。
 
 
女魔法使い背景には、魔道教会の存在があります。
 
魔道教会は、魔法の研究のほかに、勇者を作り出すため幼子を養育する施設でもあります。
 
女魔法使いその中の一人
 
勇者候補達強くなるために何でもやり、お互いを倒しあって日に日に減っていきます。
 
そんな中、天然勇者出会い自分達模造品だと知ってしまいます。
 
最後に残った2人の姉は、勇者についていくように女魔法使いの背中を押してくれ、今の女魔法使いの存在となりました。
 
そんな魔法教会から「赤」と名乗る魔法使いから汚点処理として命を狙われます。
 
 
自分の能力をあげる方法探しながら、勇者追い魔法教会追手と戦いつつ、進んでいく女魔法使い
 
天然物おじしない、よく食べよく寝る女魔法使い魅力詰め込まれた作品です。
 
 

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

漫画:石田あきら
原作:橙乃ままれ
キャラクター原案:水玉螢之丞・toi8
ジャンル:ファンタジー
特色:無名 人間 魔物 政略 経済 心理
 
書籍

 
勇者魔王倒す
 
ファンタジーの定番ですが、このクエスト発生によって経済的にどのようなことがあったかなど、経済や政略面表に出している作品です。
 
 
女性魔王の前に現れた勇者に、まずは半日でいいから話しをさせてほしいと魔王が切り出していきます。
 
戦争による経済人間・魔界の成長などを話し、戦争が終わる事の意味を諭します。
 
この戦争の向こうにある、「未だ見ぬもの」を、お互いのものになって一緒に歩んでいくというお話しです。
 
 
内容的には経済面各国、各部族心理などを元に、様々な駆け引きが行われつつ、進んでいきます。
 
また、特色として、登場人物固有の名前がありません
 
「勇者」「魔王」「メイド長」「女騎士」など、抽象的な呼び方がされます。
 
このあたりは賛否あるかとは思いますが、原作者としては、魔王や勇者が別名を名乗っても、頭上に勇者・魔王とでているので、読者それぞれのイメージがそのまま想像できるというのがいいのではと対談で言っています。
 
名前を覚えるのが苦手な私としては、非常に助かりました(笑)
 
 
魔王勇者ぎこちなくも恋人っぽいお付き合いも、ほのぼのしてて好きです。
 
政治経済部分は可能な限り分かりやすく記述されていますが、このあたりは普通の格闘ファンタジーをイメージする人には少し合わないかもしれません。
 
ただ、そもそもファンタジーの魔王と勇者ってなんだろう、と思う人は、読んでみると違う視点が開けて面白い作品かと思います。
 
 
※ このシリーズは、小説や別路線の漫画、アンソロジーなどが出ていますので、購入の際ご注意ください。