カテゴリー別アーカイブ: 鈴木恭太郎

ブレイドブレイカー

全4巻
著者:鈴木恭太郎
ジャンル:平成妖刀封印武芸帳
特色:妖刀 幼女 古代日本歴 抗争 微殺生 流血 微コメディ 微エロ 微グロ
 
書籍

 
 
主人公は大学生の大森大樹(おおもりたいき)
 
人の怒り殺気見る事ができる能力を持っています。
 
そのため、人間汚さを感じながら生き続けてきました。
 
ある日、女友達の本間京香(ほんまきょうか)がストーカーに殺されそうになるところを助けます。
 
その動きをみて、妖刀の鞘の化身、桜(さくら)主になるように迫ってきます。
 
 
この妖刀の鞘は、戦国の世で人を斬りすぎたが人の怨念を食らい、さらに人を切る事を求め、体を手に入れた存在封印するためのもの。
 
鞘が死ぬ時、この刀が解放され、災厄がおきてしまいます。
 
これを死守する「刀狩り」と、敵対する「刀狩り」との抗争巻き込まれていく主人公の、成長の物語です。
 
 
内容はシリアス調ですが、大樹京香コメディっぽいやり取りや、ほろりとする暖かい思いやりなど、切り合いだけではない面白さも秘めています。
 
また、話間に4コマがあるのですが、話しが終わりになる内容で、シリアスな話しを読んだ後に見ると、重くなった気持ち軽くなります。
 
 
作者の鈴木氏は建設業から突然漫画を描き始め、4年半で一般誌の単行本を出すに行ったったそうです。
 
細かく描き込まれていますが、見難いという事がない技術はすごいと思います。
 
新作もはじまったようですので、期待しています。