カテゴリー別アーカイブ: 武蔵野ぜん子

少年王女

著者:雪広うたこ
企画原案:武蔵野ぜん子
ジャンル:ロココ調大河ロマン
特色:マスカレード 王室 陰謀 女尊男卑 クーデター 成長 思春期 ほのぼの 故郷
 
書籍

 
電子書籍

少年王女(1)

少年王女(1)
著者:雪広 うたこ,武蔵野 ぜん子
楽天ブックスで詳細を見る

 
 
タイトルにあるように、少年王女影武者となって紡がれていく物語です。
 
 
女王が統べる女尊男卑モーリアン王国
 
この国の漁村で育った孤児アルベールは、貧しいながらも健やか暮らしていました。
 
ある日、子分のテオドアと共に街で奴隷商人に捕まります。
 
そこに、影武者を探していた王女アレクシア・リュミエール側使えギィ・シュヴァルツヴァルドが現れ、2人は買い取られます。
 
アルベール王女アレクシア瓜二つ
 
テオドア開放する条件として、成人の儀まで影武者として使えるように要求されます。
 
アルベールテオドア守るため、嫌々ながらも条件をのみテオドア解放されることとなります。
 
別れの夜、テオドア強く賢くなってアルベール盗みに来る約束をして去っていきます。
 
 
ある日、王女アレクシアは聖誕際の夜に王宮を抜け出すところをアルベール見つかります。
 
女王レティシア・リュミエール病気で、後継ぎの自分心もとない皆が思っている事を感じ取り、女王を越えるべく、母の知らない世界みたいというのです。
 
一緒に民の世界を見て歩き、アルベール王女アレクシア境遇民への思いを知り、次第に協力的になっていきます。
 
 
そして迎えた成人の儀の日、民の前に出た王女アレクシア何者かに暗殺されてしまいます。
 
アルベール王女アレクシアの思いを胸に、この国統べる覚悟決めます
 
 
当初女装趣味変なお話しかと思いつつも、表紙とタイトル気になって買った作品でした。
 
が、思った以上に面白く胸を打つ作品でした。
 
表紙裏にはキャラクターの裏?設定みたいなものがあります。
 
 
ロココ調マスカレード好きな人は特に違和感なく楽しめると思います。
 
女装話しが苦手という方でも、物語の趣旨登場人物たちの思い感じていただければ楽しめると思います。