カテゴリー別アーカイブ: 六道神士

デスレス

著者:六道神士
ジャンル:現代ファンタジー
特色:日本神話 妖怪 微エロ 宗教抗争 微グロ
 
書籍

 
電子書籍

 
 
宮森家の土地を求めて地上げ屋が来るところから物語が始まります。
 
 
宮守家は宮の杜(みやのもり)内にあるのですが、なぜかその土地を売るように迫られます。
 
ある日、妙に法を意識する女子大生、宮森水城(みやのもりみずき)は、地上げ屋の手下刺されにかけます。
 
そこに、人間から時(しだ)を喰って生きるスザク(朱雀)が、水城蘇生して時(しだ)を喰おうとしますが、逆にスザク水城肉体ごと取り込まれます。
 
水城はその後も、宮の杜を狙う何者かに使わされたフクウ(不空)取り込んでしまいます。
 
宮守家の面々とともに、宮の杜狙う何者か抗争し、大事なものを守っていくお話しです。
 
 
宮守家は千里眼の異名を持つ宮森ミカサ(みやのもりミカサ)と、剣術の達者宮森 武蔵(みやのもり むさし)妖眼の能力を持つ宮森延寿(みやのもりえんじゅ)といますが、3人とも癖のある強者で、水城がよく普通に今まで育ったなぁという感じです。
 
スザク連れである、人の死の気配を匂いでとらえるカマド(竃門)という妖怪も登場します。
 
カマド争う感情がなく、宮守家の台所番として料理を振る舞うホワンとしたキャラのため、この癖のある宮守家柔らかくする和みキャラです。
 
 
水城取り込んだものの外見を共有してしまうため、色々と苦労しますが、学友松川小鳥(まつごうことり)大町日和(おおまちひより)支えられて何とか学校生活をこなしつつ、見えない戦っていきます。
 
松川小柄ですが、強い押し気味の性格で、水城サポートしてくれます。
 
何度か死にかけていますが、水城生き返らせてもらったりして、意外人外な経験をしています。
 
大町は長身で冷静なタイプで、水城の事を聞いても冷静対処しますが、興味深々なところが一般人の反応でこのメンバーの中では安心できる存在です。
 
大町フクウ可愛がるところとか、個人的には何か和みます。
 
 
代理人として現われた乙金まどか(おとがねまどか)は、新興宗教酔狂な信者みたいな態度すごく気持ち悪くイラっとさせる性格持ちです。
 
また、埴安秋葉(はにやすあきは)という女物の浴衣に髪をツインテールに結っている、かなり女好き男の子がでてきます。
 
乙金秋葉の、多分リアルで出会ったらグーで殴りたくなるキャラは、六道氏の味だと思います。
 
 
少しキャラの強さ物語の迷走さがありますが、4巻くらいまで読んでもらって気になるキャラが見つかれば、面白くなってくる作品だと思います。
 
 

AGEHA

2巻完結
著者:六道神士
ジャンル:現代惨事コメディ
特色:不条理 惨事 コメディ 微エロ 微暴力 微反倫理
 

 
六道氏の十八番多少倫理に背く感じの漫画です。
 
人によっては不快に感じるブラックユーモアがありますので、人を選ぶ作品です。
 
 
主人公の楯葉心記(たてはもとき)が、付き合っている彼女七見朱波(なみあげは)と終に一線を、というところで、急に朱波の姉、蛇目(じゃのめ)先生に割り込まれます。
 
実は心記蛇目先生が作りだした人工生命体で、この世界心記と朱波未来だけは確実にないといい出します。
 
ただ、別のパターン世界試すことができます。
 
その試す方法は単純で、心記朱波死ね「やりなおし」となるというもの。
 
 
この世界話し中に切り替わって心記朱波かもしくは両方死んでは新たな世界を試す、という流れで進んでいきます。
 
 
少々分かりにくい話し軸ではありますが、コメディな部分は六道氏のがよく出ています。
 
漫画のサバイバル知識で、あらゆる困難を乗り切ろうとする朱波の知識が、あーそんな漫画あったなぁ…と懐かしい気にさせてくれました。
 
同級生として登場する、心記を狙う男装した姫島陽炎(ひめじまかげろう)と、その陽炎を同姓なのに好き、と悩むヘーラ・左丹(ヘーラ・サタン)の人間離れしたパワーで、殺されかける心記が何か可哀想で面白いです。
 
また、後半は敵っぽくなってくる百足(ももたり)先生の、先生らしからぬ発言もカオスです。
 
個人的にはこの3人が面白くて、笑いのツボを刺激されます。
 
 
朱波は必ず死ぬ。
心記と結ばれる前に、愛しあう前に。
心記に叶うのは繰り返す事だけ。
朱波を死を認めなければ朱波は死なない。
だが、辛くなったら朱波の死を認めればいい。
 
 
究極の愛の形ではありますが、それをコメディにしてしまうブラックユーモアをぜひ楽しんでもらえればと思います。
 
 

エコー/ゼオン

完結
著者:六道神士
ジャンル:現代超能力
特色:超能力 微エロ 権力 お家騒動 学生 推理 陰謀

 

書籍

 

それぞれ様々な背景を持つ、学生3人をメインにしたお話。
 
高い行動力お金が好き遠古賀紫(とおのこがゆかり)が、様々な依頼を有料で受けて解決する学生生活を送ります。
 
その手伝いをさせられる幼馴染で、空手道場の跡取り、星丘高雄(ほしがおかたかお)と、「音」を自在に操る能力を持つ聖観世(ひじりかんぜ)の3人。
 
 
観世鳥の囀り救急車非常ベルを忠実に再現できる、に関する声真似を越えた能力を持っています。
 
音の響き反響世界を観る事ができると思われる彼女を、は利用しつつも疑問を感じていきます。
 
 
前半は依頼を解決しながら3人のいい関係を紡いでいきます。
 
後半は観世過去と能力の謎、紫が自分を犠牲にするほどの借りがある先輩、白川筑紫(しらかわつくし)の話しになっていきます。
 
 
複雑な過去を持つ観世若干天然真面目な性格白川先輩の 
悲しい末路に、複雑な心境になりました。
 
自分いらないんじゃないかという怖さ
 
観世白川先輩にはこの恐怖が共感しあっているのかもしれません。
 
 
サブキャラもこの深い問題を柔らかくする存在として関わってきます。
 
高雄の親族も紫と観世に優しく、さりげない思いやりなどが感じられます。
 
親族関係は、六道氏の十八番キャラ属性かと思います。
 
紫の家柄の関係でお金持ちの人達も出てきますが、お色気担当のちょっと可哀想な青山さんとかいい感じです。
 
 
残念なことに、少々話しが中途半端で完結している感が否めません。
 
ぜひどこかで続きを観てみたい、そう思わせる作品です。
 
 

紅殻のパンドラ

 

漫画:六道神士
原案:志郎正宗

ジャンル:近未来ファンタジー

特色:ロボット 紛争 微ギャグ 弱下ネタ 萌 ほのぼの

 

書籍

電子書籍

 

近未来の高度に発達した情報ネットワークが世界を覆い始める一方、紛争や災害で政治経済が混沌とした時代が背景です。

 

全身義体の主人公、七転福音(ななころびねね)が、舞台となる人造リゾート島に向かう船の上で、実業家のウザル・デリラという女性と出会うところから物語が始まります。

 

この島で、ウザルを狙った大規模テロが発生し、福音はそれに巻き込まれていきます。

 

その中で、福音はウザルの所有する戦闘アンドロイド、クラリオンのおなかにある端子に接続する事で、「パンドーラ・デバイス」にアクセスし、スキルを使う事ができるようになります。

 

このスキルをどう活かすかがカギとなりますが、福音自身はこの能力を使う事にためらいや引け目を感じていきます。

 

この先の福音の成長が気になる漫画です。

 

 

本来なら世界征服くらいできそうな能力なのですが、ほんわりした福音の性格のおかげで秩序は保たれています。

 

また、福音はクラリオンを溺愛していて、福音を守るように命令されたクラリオンの反応との差がいい萌えっぷりです。

 

福音とクラリオンの身元引受人となった崑崙八仙拓美(ころばせたくみ)も面白い萌えキャラです。

 

幼い外見ですが、電脳マーケティングを牛耳る崑崙八仙財団の総帥で、大企業が名前を聞くだけで全力で媚びる実力者です。

 

この媚びる様は、六道氏の十八番で私は好きです。

 

 

他にもウザルを裏切ってぼこぼこにされる、笑えるくらいに可哀想な部下の女の子たち。

 

事件を報道してて巻き込まれる、イケイケ新人レポーターのブリ○○・○ー○○○(いつも名前を全部言わせてもらえない)の無駄な努力など、サブキャラクターも魅力です。

 

 

この作品の原作者は志郎正宗氏です。

攻殻機動隊など、近未来のロボット世界では有名な漫画家が、なぜか六道氏に漫画を書いてもらっている異色の漫画です。

 

巻末に志郎氏が書いたラフイラストがあるのですが、六道氏は単行本収録の場で初めて見ると言う裏話が載っています。

 

志郎氏のラフ六道氏の漫画ギャップも楽しめますので、ぜひ読んでみてください。