デスレス

著者:六道神士
ジャンル:現代ファンタジー
特色:日本神話 妖怪 微エロ 宗教抗争 微グロ
 
書籍

 
電子書籍

 
 
宮森家の土地を求めて地上げ屋が来るところから物語が始まります。
 
 
宮守家は宮の杜(みやのもり)内にあるのですが、なぜかその土地を売るように迫られます。
 
ある日、妙に法を意識する女子大生、宮森水城(みやのもりみずき)は、地上げ屋の手下刺されにかけます。
 
そこに、人間から時(しだ)を喰って生きるスザク(朱雀)が、水城蘇生して時(しだ)を喰おうとしますが、逆にスザク水城肉体ごと取り込まれます。
 
水城はその後も、宮の杜を狙う何者かに使わされたフクウ(不空)取り込んでしまいます。
 
宮守家の面々とともに、宮の杜狙う何者か抗争し、大事なものを守っていくお話しです。
 
 
宮守家は千里眼の異名を持つ宮森ミカサ(みやのもりミカサ)と、剣術の達者宮森 武蔵(みやのもり むさし)妖眼の能力を持つ宮森延寿(みやのもりえんじゅ)といますが、3人とも癖のある強者で、水城がよく普通に今まで育ったなぁという感じです。
 
スザク連れである、人の死の気配を匂いでとらえるカマド(竃門)という妖怪も登場します。
 
カマド争う感情がなく、宮守家の台所番として料理を振る舞うホワンとしたキャラのため、この癖のある宮守家柔らかくする和みキャラです。
 
 
水城取り込んだものの外見を共有してしまうため、色々と苦労しますが、学友松川小鳥(まつごうことり)大町日和(おおまちひより)支えられて何とか学校生活をこなしつつ、見えない戦っていきます。
 
松川小柄ですが、強い押し気味の性格で、水城サポートしてくれます。
 
何度か死にかけていますが、水城生き返らせてもらったりして、意外人外な経験をしています。
 
大町は長身で冷静なタイプで、水城の事を聞いても冷静対処しますが、興味深々なところが一般人の反応でこのメンバーの中では安心できる存在です。
 
大町フクウ可愛がるところとか、個人的には何か和みます。
 
 
代理人として現われた乙金まどか(おとがねまどか)は、新興宗教酔狂な信者みたいな態度すごく気持ち悪くイラっとさせる性格持ちです。
 
また、埴安秋葉(はにやすあきは)という女物の浴衣に髪をツインテールに結っている、かなり女好き男の子がでてきます。
 
乙金秋葉の、多分リアルで出会ったらグーで殴りたくなるキャラは、六道氏の味だと思います。
 
 
少しキャラの強さ物語の迷走さがありますが、4巻くらいまで読んでもらって気になるキャラが見つかれば、面白くなってくる作品だと思います。
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。