魔法少女プリティ☆ベル

著者:KAKERU
ジャンル:現代ファンタジー
特色:魔法少女 マッチョ 悪魔 天使 政治 策略 混沌 微エロ 微グロ
 
書籍

 
電子書籍

 
 
現代の裏で執り行われる、魔王軍天界、そして中立のプリティ☆ベルが、世界規模の危機に立ち向かう話しです。
 
魔法少女プリティ☆ベル適合者反応するアイテムリィン・ロッド
 
それを守る規格外の索敵能力をもつ2人の天使ミルクココアが悪魔に追われているところから始まります。
 
 
逃走中、リィン・ロッド反応し、その適合者の元に2人は辿り着くのですが、なぜかその反応はボディビル選手高田厚志(たかだあつし)でした。
 
魔法少女プリティ☆ベルは、本来美咲エリ(みさきえり)適合者なのに、なぜか厚志にも反応してしまったと説明をします。
 
厚志はその話を聞いて、そのような小学生に戦わせるわけにはいかないので私が戦うとノリノリに。
 
ミルクとココアとしてはさすがにマッチョにロッドを渡すわけにはと逃げ出すのですが、そこで魔王軍囲まれます。
 
 
その危機を救ったのは…
 
 
魔法少女プリティ☆ベル4大魔王軍天界謎の混沌との戦いを織り成す現代ファンタジーです。
 
 
魔法少女とは名ばかり1巻のため、できれば本当魔法少女がでる2巻まで我慢して読んでもらえれば面白さが分かる作品です。
 
ただ戦うだけ漫画ではなく魔界天界プリティ☆ベル三竦み構造も面白いです。
 
魔王軍政治的な話しシンプルなのに分かりやすく駆け引きチキンレース冷や汗もので、なかなかハマります。
 
 
作者KAKERU氏を知ったのはこの作品です。
確か表紙買いだったと思います。
 
マッチョは好きではないのですが、厚志はなかなかいい味を出してるマッチョだと思います。
 
個人的には北軍のマッチョ好きな邪眼の病魔モカと、モカがお嬢と呼ぶ北軍斥候部隊のリーダー、ダッチ・アイスお気に入りです。
 
もともとミルクココア追っていた部隊ですが、ちょくちょく厚志の家に遊びに来て和気藹々とするところが和みます。
 
魔王軍魔王たちとのやり取りや、学校で政治的な思考に目覚めたエリちゃんが先生達翻弄するところなど、なかなか目新しいところがあり、ハマりました。
 
 
少しずつ敵対する組織明確になってきますが、泥沼化しつつも分かりやすいあたり、お勧め作品です。
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です