CRY EYE

2巻完結
著者:空野晶
ジャンル:現代ファンタジー
特色:リアルゲーム 学生 友達 裏切り 謎 殺し合い 復讐 微グロ
 
書籍

CRY EYE(01)

CRY EYE(01)
著者:空野晶
価格:617円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 
電子書籍

 
 

自分の人生ってつまんない、ゲームみたいな冒険がしてみたい…
 
贅沢で愚かな願望…
 
 
そんなことを思っている矢先、流空朝緋(りゅうぐうあさひ)同級生海山大和(うみやまやまと)にイベントに誘われます
 
それは、携帯ゲーム会社SKY-NOVA新作ゲームテストプレイヤー参加のお誘いでした。
 
二人は大型船に乗り、テストをする孤島へと向かいます。
 
参加者はいろいろと癖のありそうな人ばかり。
 
 
そんな中、ゲームのルールが案内されます。
 
ゲーム宝探し
 
一人でクリアもできますが、参加者にはペアがいて、合流することでご褒美や優位に立てるヒントが手に入ります。
 
ただし、参加者を襲う「狩人」がいて、殺されたらゲームオーバー
 
には武器もあるのでそれを利用して死なないように頑張るというものです。
 
 
ここまで説明を聞いたあたりから、参加者は気を失います。
 
 
朝緋が目を覚ますと、島のどこかに倒れていて、ゲームのための腕時計が付けられていました。
混乱しつつも、木の上に登って全体を確認していると、悲鳴が聞こえます。
 
そこに行ってみると、船上でセクハラをしてきた男の人血まみれ死んでいました…
 
 
ゲームと謳いつつ、実際に死んでしまうサバイバル宝探しゲームが始まります。
 
 
話しのほうは少し詰め込まれすぎて分かりにくい部分もありますが、様々な謎や思いが交差します。
 
少々血だらけだったり生首が出たりとグロさもありますが、大丈夫な人には楽しめる作品です。
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です