AGEHA

2巻完結
著者:六道神士
ジャンル:現代惨事コメディ
特色:不条理 惨事 コメディ 微エロ 微暴力 微反倫理
 

 
六道氏の十八番多少倫理に背く感じの漫画です。
 
人によっては不快に感じるブラックユーモアがありますので、人を選ぶ作品です。
 
 
主人公の楯葉心記(たてはもとき)が、付き合っている彼女七見朱波(なみあげは)と終に一線を、というところで、急に朱波の姉、蛇目(じゃのめ)先生に割り込まれます。
 
実は心記蛇目先生が作りだした人工生命体で、この世界心記と朱波未来だけは確実にないといい出します。
 
ただ、別のパターン世界試すことができます。
 
その試す方法は単純で、心記朱波死ね「やりなおし」となるというもの。
 
 
この世界話し中に切り替わって心記朱波かもしくは両方死んでは新たな世界を試す、という流れで進んでいきます。
 
 
少々分かりにくい話し軸ではありますが、コメディな部分は六道氏のがよく出ています。
 
漫画のサバイバル知識で、あらゆる困難を乗り切ろうとする朱波の知識が、あーそんな漫画あったなぁ…と懐かしい気にさせてくれました。
 
同級生として登場する、心記を狙う男装した姫島陽炎(ひめじまかげろう)と、その陽炎を同姓なのに好き、と悩むヘーラ・左丹(ヘーラ・サタン)の人間離れしたパワーで、殺されかける心記が何か可哀想で面白いです。
 
また、後半は敵っぽくなってくる百足(ももたり)先生の、先生らしからぬ発言もカオスです。
 
個人的にはこの3人が面白くて、笑いのツボを刺激されます。
 
 
朱波は必ず死ぬ。
心記と結ばれる前に、愛しあう前に。
心記に叶うのは繰り返す事だけ。
朱波を死を認めなければ朱波は死なない。
だが、辛くなったら朱波の死を認めればいい。
 
 
究極の愛の形ではありますが、それをコメディにしてしまうブラックユーモアをぜひ楽しんでもらえればと思います。
 
 

ネガティブ・ツインタワー

5巻完結
著者:けものの
ジャンル:学園コメディ
特色:学生 パワフル 乙女チック? 青春 微百合
 
書籍

 
 
身長180cmを越える凸凸女子高生コンビ、兵頭要(ひょうどうかなめ)宍戸真琴(ししどまこと)のお話し。
 
2人とも極度の上がり症
 
2人は緊張が頂点に達する暴れ出すため、周囲からは「狂犬」と恐れられます。
 
でも本当は普通に恋愛して友達と遊びたいと思っている、普通の少女なのです。
 
ただ、身体の大きさに合わせてパワーもすごく、バットを握るだけでちぎったり、ビーチバレーのボールを粉々にしてしまったりするため、本人達の普通に接したいという思いとは裏腹に、回りはおびえて近づけないという可哀想な境遇に陥っています。
 
 
そんな中、別のコンビ、面倒くさがりの乾玉留(いぬいたまる)と玉留激ラブの小洗真央(こあらいまお)がひょんなことから関わり始めます。
 
最初はビビりまくってた2人ですが、実は狂犬二人繊細乙女チックと知り、少しずつ仲良くなっていきます。
 
 
色々破壊しつつも、少しずつ普通の青春を送れるように頑張る凸凸2人と、それをフォローする凹凹2人やりとり成長が、何とも言えない青春を醸し出しています。
 
 
絵柄が少しがあるので、若干違和感を感じる方もいるかもしれません。
 
少し癖のある漫画ですが、読んでみてもらえると嬉しいです。
 
 
表紙カバーを外すと、表側にはオカルト大好き委員長の虎姫香(とらひめかおる)による穴埋め、裏側には作者のけものの氏の獣娘イラストとコメントが載っています。
 
なお、途中で出版社が変わったためか、同じ本で違うISBNが4巻まで振られています。
 
 

思春期生命体ベガ

短編
著者:林家志弦
ジャンル:現代ガールズラブコメヒロイン
特色:コメディ 微百合 侵略 正義 弱ヒロイン
 
書籍(ドラマCD付)

 
書籍

 
電子書籍

 
読み切り1本、思春期生命体ベガの4話と描き下ろしが入った単行本です。
 
 
西暦2030年、寂れた海沿いの温泉街。
 
サーファー、新婚さん、怪獣と宇宙人琴平ベガが彩る街のお話しです。
 
 
温泉街には時々宇宙怪獣がやってきます。
 
それをベガが倒すのですが、ある日ベガは巨大化したり、空を飛んだり、光線が出したりできなくなります。
 
それが鷲峰ありさのせいだとして、できるようになるためキスをするように迫る、というのが本線?です。
 
 
とにかくベガのキス迫り方がガサツで、ブチューとかキッスとかラブチャージとか、こちらが噴きだしそうな言いまわしと態度で迫って行きます。
 
途中ライバルの出現で鷲峰の嫉妬やベガの思い違いが拍車をかけます。
 
 
短編ですが、後味も悪くなくすっきり楽しめる百合ラブコメ漫画です。
 
 
この2人と同じ料理部の1年、田辺ちゃんが何か巻き添え可哀想なところもいい味出してます。
 
 
作者の林家氏は、はやて×ブレードなどでおなじみの、百合とコメディを描かせればピカ一な方です。
 
照れくさくて苦手だった「キス」という単語を克服するためにベガは描いたそうですが、克服できなかったそうです。
 
できないと思います(笑)
 
巻末のドラマCDの話しをみて、買えばよかったと後悔。
 
まだ買っていない人はドラマCDセットのものをお勧めします。
 
 

エコー/ゼオン

完結
著者:六道神士
ジャンル:現代超能力
特色:超能力 微エロ 権力 お家騒動 学生 推理 陰謀

 

書籍

 

それぞれ様々な背景を持つ、学生3人をメインにしたお話。
 
高い行動力お金が好き遠古賀紫(とおのこがゆかり)が、様々な依頼を有料で受けて解決する学生生活を送ります。
 
その手伝いをさせられる幼馴染で、空手道場の跡取り、星丘高雄(ほしがおかたかお)と、「音」を自在に操る能力を持つ聖観世(ひじりかんぜ)の3人。
 
 
観世鳥の囀り救急車非常ベルを忠実に再現できる、に関する声真似を越えた能力を持っています。
 
音の響き反響世界を観る事ができると思われる彼女を、は利用しつつも疑問を感じていきます。
 
 
前半は依頼を解決しながら3人のいい関係を紡いでいきます。
 
後半は観世過去と能力の謎、紫が自分を犠牲にするほどの借りがある先輩、白川筑紫(しらかわつくし)の話しになっていきます。
 
 
複雑な過去を持つ観世若干天然真面目な性格白川先輩の 
悲しい末路に、複雑な心境になりました。
 
自分いらないんじゃないかという怖さ
 
観世白川先輩にはこの恐怖が共感しあっているのかもしれません。
 
 
サブキャラもこの深い問題を柔らかくする存在として関わってきます。
 
高雄の親族も紫と観世に優しく、さりげない思いやりなどが感じられます。
 
親族関係は、六道氏の十八番キャラ属性かと思います。
 
紫の家柄の関係でお金持ちの人達も出てきますが、お色気担当のちょっと可哀想な青山さんとかいい感じです。
 
 
残念なことに、少々話しが中途半端で完結している感が否めません。
 
ぜひどこかで続きを観てみたい、そう思わせる作品です。
 
 

Drc2 ―反社会的妄想具現症候群専門医

3巻完結
原作:伊藤仁
作画:楓月誠
ジャンル:現代妄想具現ファンタジー
特色:中二病 オタク 萌 微グロ 心理

 

書籍

 

電子書籍

危険な妄想現実に起こる「現実」と「妄想」の戦いの物語です。

 

発症すると他の人間が9割死にいたる事から、反社会的妄想具現症候群と呼ばれる通称中二病

 

これを治療できる唯一の専門医と、その治療のワクチンとなる女の子達が解決していきます。

 

 

具現化した妄想自分で否定する事が中二病の唯一の治療法

 

そのため、症状に応じてワクチンの女の子を選び、否定へと導いていきます。

 

ワクチンの女の子達もそれぞれに対応する力がある事もあり、個性的で面白いです。

 

 

医学を通して中二病を治そうとする女性医横山紀久美(よこやまきくみ)は、この非科学的な症状受け入れる事が出来ずに悩みます。

 

彼女はこの中二病の現象を、「常識」という名の「妄想」に捕らわれて受け入れる事がなかなかできません。

 

本来妄想という現実でない事を、現実として認識する、という矛盾した事を論議する、女性医専門医やりとりも見所かと思います。

 

 

また、現実で説明がつかない事を、何とか処理する公安部の塩本良太(しおもとりょうた)の気苦労も大変そうです。

 

病気が治る事件の原因が証明できない事にもなるため、殺人犯にしかみえない中二病患者に大しての複雑な思いを感じられます。

 

 

カバーを外すとおまけ漫画で読者の質問に答える4コマ漫画がついています。

 

「ああ、私もそう思った」という感じの質問と答えが載っています。

 

カバーに作者漫画家になったきっかけなどが書いてあり、作品に出てくる女の子への愛情が鑑みられます。

 

 

つい漫画を読んでると描いてしまう妄想と、それを否定に持って行く流れなどを楽しめれば、面白い作品に感じられるかと思います。

 

 

射~Sya~

漫画:射~Sya~
ジャンル:現代高校部活
特色:学生 弓道 萌 微色気 微百合

 

書籍

 

電子書籍

 

馬鹿でドジ、貧乳の矢澤正弓(やざわまさみ)が、弓道部部長の間堂美射(げんどうみしゃ)ドジったところを助けられるところから物語は始まります。

 

部長は正弓の貧乳を才能とみて弓道に理想的、と誘うのですが、正弓貧乳をコンプレックスに思っていたため凹みます。

 

団体戦出場の人数に満たない部のため、理論派の副部長、高橋学(たかはしまなぶ)がうまい事巨乳になると言いくるめて入部に導きます

 

入部理由は不純ですが、巨乳になりたいという思いに、弓道の基本をしっかり学んで進んでいきます。

 

話し的にはコメディ路線ですが、弓道についての話しもそうなんだ、と思わせるものもあり、面白いです。

 

正弓のドジなところや、何とか理屈で乗り切ろうとする学、貧乳と連呼する美射、そんな部長に嫉妬する神崎祈(かみさきいのり)、パワーで押し切る荒井力(あらいちから)それぞれに魅力があって応援したくなります。

 

路線補正係のが結構キーかなと思ってたりします。

 

1巻のあとがきで、読者に弓の魅力を伝えて弓を始めてもらいたいと、作者の思いが美射を通して綴られています。

 

さすがに弓道を始めるのは難しいですが、この漫画を読んで弓道も面白いなぁと思いましたので、趣旨は伝わってると思います。

 

弓道に興味なくても、学生達萌えドジっぷりな姿をみて和みながら読んでいただけると嬉しいです。

 

 

大江山流護身術道場

完結作品
 
漫画:KAKERU
ジャンル:現代護身術
特色:学生 武術 武道 護身 微エロ 微暴力
 
書籍

 
トラブル体質の高校生中村睦月が、ごろつきに絡まれているところを中学生の大江山夏助けられるところから始まります。
 
睦月が護身術を通して、トラブル体質を解決していく流れで物語は進みます。
 
ごろつきに復讐されそうになったり、痴漢に襲われたり、変質者に襲われたりとトラブルが起こりますが、大江流護身術を学んでいくうちに、回避できるようになっていきます。
 
通常の格闘漫画とは違い、「護身」について描かれている事が特徴です。
 
勿論、睦月の回りに起きる危険な事は、1人に起きることとしては多すぎますが、日常にあるトラブルどう対処するかを考えさせられる所があります。
 
通り魔に襲われたらどうするか、痴漢にあったらどうするか、密室に連れ込まれたらどうするか。
 
どんなに強い格闘家でも、後ろから不意にナイフで刺されれば死ぬ事もあります。
 
「襲われる」とはどういう事か。
 
確かに、と考えさせられるところがある漫画です。
 
 
作者は「魔法少女プリティ☆ベル」「天空の扉」などを手掛けているKAKERU氏です。
 
大江山流護身術道場残念ながら打○切りになってしまった作品ですが、これらの漫画の中にも大江山流護身術道場の内容・思想が盛り込まれているように思います。
 
漫画の中に魔法少女プリティ☆ベルに出てくる魔王が出ていたりしますので、探してみてください。
魔法少女プリティ☆ベルにも睦月がでています。
 
合わせて読んでもらえるとより楽しめるかと思います。
(ただ、入手が困難かもしれません)
 
 

咲日和

著者/編集:木吉紗
キャラクター原案:小林立

特色:4コマ ほのぼの お笑い 日常 学校
書籍

電子書籍

美少女麻雀漫画・アニメでおなじみの、咲-Saki-シリーズに出てくるキャラクターのんびりした日常を描いている4コマです。

 

学生という事もあり、学校での出来事が多いですが、キャラクターの家族雀士の日常生活なども描かれています。
 
原作の咲-Saki-を知っていれば楽しめますが、知らなくてもクスッと笑えるようなネタが多く初めて読んでも楽しめると思います。

 

 

個人的には風越女子高校の池田華菜(いけだかな)3つ子の妹達と、宮守女子高校の小瀬川白望(こせがわしろみ)がお気に入りです。
 
3つ子の妹達の動きは、ああ、何かこういう子供いるよね…と思って和んでしまいます。
 
華菜が翻弄されるところや、麻雀部の仲間が遊んであげるところなど、ほのぼのが伝わってきます。
 
白望はめんどうくさがりなのですが、だるい中ぼそっと突っ込みを入れてるあたりがいいです。

 

 

本カバーをめくるとおまけがついている事がありますが、この単行本は下からみるのを忘れないようにしてください。

 

ほのぼのした4コマが好きな人にはお勧めです。

 

波打際のむろみさん

著者:名島啓二
ジャンル:現代ほのぼの

特色:ほのぼの 弱恋愛 ギャグ お笑い 人魚 人外

 

書籍

電子書籍

 

高校でたった一人のフィッシング部部員、向島拓朗(むこうじまたくろう)が、近所の堤防で博多弁を話す人魚むろみさんを釣りあげるところから話しは始まります。

 

むろみさんの行為や発言に突っ込むのが拓朗の役目という感じで進んでいくほのぼのお笑い漫画です。

 

他にも様々な人魚が出てきたり、河童イエティハーピーなども出てきます。

 

非人間が織り成す様々な不満や欲望が語られるのですが、無理やり理論だててるのになるほど、と思わず納得するシチュエーションもあったりします。

 

話の間に海の生き物登場人物(怪物?)解説などもあり、作者の趣味がうかがえます。

 

作者の名島氏は、この作品を連載する前、月8ページの漫画を書いていた(聖☆ビスタチオ学園)らしいのですが、それでも生活は安定していたので週マガ連載に拒絶反応があったそうです。

連載から半年足らず10kg減り胃腸を患いながらも頑張って描かれているそうです。

 

たまたまテレビの新しいアニメをチェックしている時にこの作品を知りました

最初はそこまででもなかったのですが、1話をみてなかなか面白そうと思っているうちに単行本を買いそろえてしまいました。

 

私はイエティと、人魚たちが酔っぱらうと流れ着く海岸にいるシェルという女の子お気に入りです。

 

ほのぼのお笑い好きな方は、ぜひ読んでみてください。

 

 

紅殻のパンドラ

 

漫画:六道神士
原案:志郎正宗

ジャンル:近未来ファンタジー

特色:ロボット 紛争 微ギャグ 弱下ネタ 萌 ほのぼの

 

書籍

電子書籍

 

近未来の高度に発達した情報ネットワークが世界を覆い始める一方、紛争や災害で政治経済が混沌とした時代が背景です。

 

全身義体の主人公、七転福音(ななころびねね)が、舞台となる人造リゾート島に向かう船の上で、実業家のウザル・デリラという女性と出会うところから物語が始まります。

 

この島で、ウザルを狙った大規模テロが発生し、福音はそれに巻き込まれていきます。

 

その中で、福音はウザルの所有する戦闘アンドロイド、クラリオンのおなかにある端子に接続する事で、「パンドーラ・デバイス」にアクセスし、スキルを使う事ができるようになります。

 

このスキルをどう活かすかがカギとなりますが、福音自身はこの能力を使う事にためらいや引け目を感じていきます。

 

この先の福音の成長が気になる漫画です。

 

 

本来なら世界征服くらいできそうな能力なのですが、ほんわりした福音の性格のおかげで秩序は保たれています。

 

また、福音はクラリオンを溺愛していて、福音を守るように命令されたクラリオンの反応との差がいい萌えっぷりです。

 

福音とクラリオンの身元引受人となった崑崙八仙拓美(ころばせたくみ)も面白い萌えキャラです。

 

幼い外見ですが、電脳マーケティングを牛耳る崑崙八仙財団の総帥で、大企業が名前を聞くだけで全力で媚びる実力者です。

 

この媚びる様は、六道氏の十八番で私は好きです。

 

 

他にもウザルを裏切ってぼこぼこにされる、笑えるくらいに可哀想な部下の女の子たち。

 

事件を報道してて巻き込まれる、イケイケ新人レポーターのブリ○○・○ー○○○(いつも名前を全部言わせてもらえない)の無駄な努力など、サブキャラクターも魅力です。

 

 

この作品の原作者は志郎正宗氏です。

攻殻機動隊など、近未来のロボット世界では有名な漫画家が、なぜか六道氏に漫画を書いてもらっている異色の漫画です。

 

巻末に志郎氏が書いたラフイラストがあるのですが、六道氏は単行本収録の場で初めて見ると言う裏話が載っています。

 

志郎氏のラフ六道氏の漫画ギャップも楽しめますので、ぜひ読んでみてください。